のぼり旗の魅力について

スーパーや飲食店の前にあるのぼり旗は、看板と同じように目につきますよね。

のぼり旗の歴史は、戦国時代の武士同士の戦いの際に敵と味方を区別するために用いられたのが起源で、元は軍旗だった訳です。



のぼり旗はインターネットで購入できます。

特に観光客に、その店でしか体験できないことをアピールし集客のためには絶大な効果を発揮します。

飲食店であれば、繁華街なら同じような店が何軒もありますが、その中でお客様にもう一度この店に来たいと思ってもらえるようなオリジナルのものを作る必要があります。

観光地や行楽地、レジャー施設の周りでは平日にくらべ週末には遠方からの観光客が増えます。


平日は地元のお客様向け、週末は観光客向けのものに変えることができます。

観光地を中心に日本に来る外国からの旅行者は増えています。
部分的に外国語を使うことにより、海外の観光客にも国内の観光客にも親しみを持ってもらうことができます。日本には四季があります。


季節によってお客様の好みも変化しますので、ニーズに合ったものを使い分けることが大切になります。

例えば、冬は肌寒い季節ですので自然と景色から明るい色が消えて寂しくなってしまいます。



そこで、のぼり旗に色鮮やかな赤色や橙色を使うことで家族の暖かいだんらんをイメージすることができます。

季節によって色を使い分けることにより店のイメージも変わりますので、のぼり旗を効果的に使うことでイメージアップに繋がります。